防災スーパーヒーロー のん

おいしい防災塾最年少コーディネーター✩°。⋆ みんなを守る防災スーパーヒーロー のん☆のブログ

違うことは悪いこと??

 

 

私は小6の時、神戸から宮崎に転校しました。

宮崎市内の住宅地だったのでまだ多少転校経験のある子もいましたが、8.7割が生まれも育ちも。1割県内からの転校生。県外から越してきた経験がある子は残り0.3割ぐらいでした。

 

登校する時には赤白帽を被り、登校したら胸元に名札をつけて、

思い思いの学習帳を使って、、、(神戸市は指定のノートを使っていた)

 

朝の会→朝礼

どろけい→ケイドロ

箒ではく→箒ではわく

総合(総合的な学習の時間)→のびのびタイム

日番→日直など、細かい呼び名が違うものがたくさんありました。

体育館のステージには常に国旗市旗校章旗が掲げてあって階段で三方礼してからステージに登るとか、

避難訓練の仕方とか、

校庭の旗揚げ当番や、毎日方眼ノート1ページ分自分で勉強する「宅習」も、もちろん初めて。

 

 

何も知らずに引っ越して普通に発すると

体育館のステージに登るだけで怒られ、

「朝の会ってなんね!」「普通ケイドロやわどろけいとか言わんし!」とイチイチ揚げ足を取られて、、、

そもそも関西弁なだけで笑われます。

宅習ってどんなものか分からないから

やらなかったら、先生に怒られます。(担任は生まれも育ちも大学も宮崎の人でした)

 

 

最初のうちはムキになって「田舎のくせに!」と思ったりしていましたが

ケイドロ、どろけい、どっちが正しいなんてない。

 

朝の会も、朝礼も、なんらおかしくない。

 

関西弁と宮崎弁どっちが正しいなんてない。

 

両方存在してるんだからそれでいいじゃん!

って、段々と思えるようになってきました。

 

ただ、関西弁をバカにされて真似されるのだけはイライラするし、非常に許しがたかったので猛勉強しました!

 

その時に使ったのは

「宅習」

 

憎き宅習を、「先生が添削する」のをいいことに

「ほうきではく→ほうきではわく

どうしたの?→どうしたとね?(県南)どうしたと?(県央)」

といった風に書いていって、意味や使い方が違ってたら先生が赤ペン指導!

というふうに利用しました∠( ˙-˙ )/

 

また、毎日宮崎弁という訳にいかないからクラスの子に見せてもらって、見様見真似で取り組みました。

 

やったことはないけど、応援団や委員会活動などにも積極的に参加すると同時に、少しずつ宮崎のことが好きになり、周りのみんなも私に興味を持つようになっていきました。

 

 

関西から越してきているのは私だけで、よほどカルチャーショックだったらしく(私がぶっ飛んだ人間ってのもあるけど)

翌年中学に入学する頃には同級生のお姉ちゃん世代みんなに知られる有名人になっていました( *´︶`*)←

 

 

違うことを知るのは、自分の中に引き出しが増える すごく幸せなこと。

 

違うことは悪いことじゃない。

 

この世界はいろいろと違うことだらけだからこそ、おもしろい!